レイズニュース  NEW  活動写真履歴 ←クリックしてみてください!
                                    


平成23年8月1日より、就労継続B型部門が始まります。今までの就労移行は原則2年ですので、時間を掛け、より確実に資質を高めて就労しようとする方々の受け皿になります。一般就労を目指そうという志があれば、どなたでも大丈夫です。

平成23年6月25日の読売新聞埼玉版、平成23年の6月26日の朝日新聞埼玉版、平成23年6月28日の産経新聞埼玉版に、私たちのボランティア活動が大きく紹介されました。

具体的な就職活動が始まった昨年9月以降、既に10名の就労が決まり、その内8名が継続して勤務し、元気に頑張っています。
  平成22年4月 
   赤い羽根共同募金様の助成により、パソコン8台、プリンタ1台ががさらに加わり、よ
   り充実した訓練がなされるようになりました。
   赤い羽根共同募金様、ひいては皆々様のご支援ありがとうございました。
   ご厚意を無駄にせず活用させていただきます。
   よろしければ授業風景を見学においでください。


 平成22年9月22日
  ◇就労部より、大変良いお知らせです。
    この度、特別養護老人ホームに、利用者が奉職できました。
    この方の職能判定は重度ですが、一所懸命に努力してヘルパー2級資格を取得
    し、ヘルパーとして雇用されました。
    本人やご家族が共に喜び、我々も使命が果たせ、他の利用者も希望を得ました。
    この良き前例に続くべく、全員前向きに訓練に励んでおり、次が大いに期待できま
    す。
    人生に不可能はなく、峠を越える度に、新たな価値と未来が開けていきます。
    そこで、この事実を踏まえ、新規通所者を多数募集いたします。
    私たちは、夢抱きし方と、明日を築く方と共に、どこまでも歩んでまいります。
    まずはご連絡の上、見学・体験訓練等をしてみてください。

 平成22年12月15日
  ◇就労部より御報告
     特別養護老人ホームへ就職した方は、一つ一つ山を越え、三カ月が過ぎました。
     仕事がその方を育て、日に日にたくましくなり、前進し続けています。
     また、その後、次々と就職が決まり、2年間の訓練期間を、充分に余す中で、すで
     に3分の2の方の就職が叶い、各々が張り合いをもって懸命に頑張っています。
     快挙であり、皆の努力(本人、家族、支援者、そして雇用主様)に頭が下がり夢は
     広がります。
     尚、後に続く方を求めており、利用を希望される方、興味を抱きし方は、お声掛け
     ください。
     お待ち致しております。
     どうぞ、皆様には、良きお年をお迎えください。
    
     


 


   理  念 通所資格 自立への選択 職員募集 アクセス お問い合わせ  
   授業風景 会社見学 調理実習 HOME 事業主の方はこちらへ 
   レクリエーション ボランティア活動 活動の履歴
   放課後ディサービス  決算報告  その他